高校入試のキーワード

全国の公立高等学校の社会科の入試問題を分析しています。


テキストは近年の傾向をまとめたものですが、戦前(1934年)、占領期(1949-1952)、長期(1961-2010)の傾向分析もおこなっております。

現在は、社会科が得意ではない児童生徒や、日本語を第二言語とする児童生徒のためのテキストを作成中です。


無料版『一問一答 中学の社会科』(2016年版)

 全都道府県の公立高等学校の社会科の入試問題(2010~2016年度)について出題傾向を分析したものを1,064問にまとめております。以前は販売していたものですが、2019年版の発行により、旧版として無料公開しております。合計で80ページあります。

無料版はこちらです→(一問一答 中学の社会科

有料版『一問一答 高校入試の社会科』(2019年版)

テキストの販売は「BASE 経済学道場」でおこなっております。

価格:1,000円(価格を改定しました。)
※PDFファイルでのご提供となります。

高校入試の社会科の基礎をまなぶための一問一答形式のテキストです。全国都道府県の公立高等学校の社会科入試問題(2016~2018年)の出題傾向を分析し、基礎力を高めるのに適した設問を1,180問にまとめております。

→ テキストの説明はこちら
→ご購入はこちらから(別サイトに飛びます)


過去3年間で最頻出のキーワード

  • 世界地理・・・「環太平洋造山帯」(8回出題)
  • 日本地理・・・「ハザードマップ」(12回出題)
  • 歴史・・・・・「御成敗式目」「殖産興業」「米騒動」(7回出題)
  • 公民・・・・・「累進課税(制度)」(10回出題)

(2016~2018年に全国の公立高校で出題された用語を答える設問。)


最新情報

2019/07/08
一問一答 高校入試の社会科(2019年版)」の販売をはじめました。
2018/12/25
テキストの改訂にともない、「一問一答 中学の社会科(2016年版)」の解答編も無料公開しました。


更新履歴